下処理方法

舞うほど美味しい!【舞茸/まいたけ】の下処理方法と保存方法

舞茸の下処理と保存方法

天然の舞茸は、とても希少なことから「舞うほど美味しい」とか、見つけたら「舞うほど嬉しい」ことから、「まいたけ」という名前になったと言われている、きのこです。

今では人工栽培が盛んに行われ、一年を通して舞茸を購入する事ができるようになりました。

舞茸は、炊き込みご飯をはじめ、天ぷらやお味噌汁など沢山のレシピがあり、人気の食材となっているようです。

また、舞茸はダイエット効果や生活習慣病の予防も期待できることから、注目を浴びています。

最近栽培の技術が進み、天然物にとても近い舞茸も販売されているようよ。
自分で舞茸を栽培できる、キットも売られているみたいでリス!

舞茸の下処理をする方法

人工栽培された舞茸は洗う必要が無いと言われていますが、汚れが気になる場合には下処理をおすすめします。

step
1
舞茸の汚れを取り払う

舞茸の汚れを取る

天然の舞茸には、葉くずや砂、ほこりなどが付着しているので、大まかに手で取れるものは取り除いておきます。

step
2
水に浸けて置く

舞茸を水に浸ける

舞茸が入る器に水をたっぷりと張って、舞茸を入れ、しばらく置きます。この時、塩を少し入れるとムシ出しも出来ます。

しばらくすると、舞茸に付いた葉くずなどが水の中に浮いてきたり、剥がれたりします。

入り組んだ部分には、葉くず等がくっついているので、丁寧に取り除いて下さい。菜箸や爪楊枝などを使うと、汚れが落としやすいですよ。

この時に、水に浸けながら作業をすると、ごみ等が取れやすいです。

step
3
流水で洗い流す

舞茸を流水で洗う

舞茸を流水で洗い流して、細かい汚れを洗い流し下処理の完了です。

舞茸は、生えている場所によって汚れ方が違うので、下処理の時間にも違いが出てくるのよ。
キレイに下処理した舞茸は、美味しい料理になるでリス!

下処理のポイント

舞茸下処理のポイント

天然物の舞茸は、生えている場所や環境などによって、汚れ方が全く違います。

天然の舞茸には、時々ムシが付いていることがありますので、気になる場合は水に塩を入れてしばらく浸けると良いですよ。

舞茸に付いてるムシは、ハエの類いの幼虫だけど、キノコしか食べないムシなのよ。
加熱してから食べるので、もし食べたとしても人の身体には害は無いでリス。

舞茸の保存方法

冷蔵庫で保存する方法

step
1
下処理した舞茸を新聞紙に包む

舞茸保存新聞紙

下処理した舞茸の水気を、キッチンペーパーなどできれいに拭いて、株のまま新聞紙に包んで、野菜室に入れます。

きのこ類は、乾燥や極端な冷気を嫌いますので、新聞紙を使うと良いでしょう。

その場合2~3日で食べきって下さい。

冷凍保存する方法

step
1
下処理した舞茸をカットする

舞茸に水分を拭いてカット

下処理した舞茸を、適当な食べやすい大きさに手で裂きます。

step
2
保存袋に入れ冷凍庫で保存します

舞茸を保存袋に入れる

ジッパー付きの保存用袋に入れて、冷凍庫で保存します。

舞茸は、冷凍しても独特の香りを楽しむことができます。

冷凍した舞茸を使用する際は、解凍せずに凍ったまま使いましょう。

きのこは、一度冷凍する事によって、キノコの持つ栄養素を沢山摂る事ができるのよ。
冷凍する方がいいでリスね!

まとめ

天然物に舞茸には白い種類と黒い種類があり、どちらもレア中々手に入れるのが難しいキノコです。

しかし、舞茸は栽培が盛んに行われ、手軽に入手出来るようになってから、炊き込みご飯や天ぷら、味噌汁やスープといったレシピが沢山出てくるほどメジャーなきのこになりました。

また最近の研究で、舞茸に含まれる栄養分には、ダイエットや生活習慣病予防に効果が期待できるとのデーターも出てきたことから、人気の高い食材となりました。

舞茸は冷蔵でも冷凍でも保存が可能で、冷凍するとその栄養の成分も、生で調理するよりも沢山摂取できます。

スーパーで購入した舞茸でも、天然物でも、手に入れたらすぐに冷凍保存すると良いでしょう。

舞茸は冷凍すると、細胞壁が壊れて、そのこから栄養素が流れ出てくるそうよ。
舞茸の栄養を、余すこと無く食べたいでリス!

舞茸の参考記事

舞茸
舞茸
天然ものは幻~!【舞茸/まいたけ】について徹底解析いたします

舞茸/まいたけは、スーパーへ行けばいつでも手に入るメジャーなキノコですが、その多くは栽培されたものです。 天然の舞茸は、日本の至る各地に生息してはいますが、その数が極めて少なくとても貴重なキノコなので ...

続きを見る

舞茸
マイタケの調理方法
おいしい!ヘルシー!【舞茸/まいたけ】お手軽調理方法を紹介します

舞茸/まいたけは、スーパーなどで手軽に手に入るキノコで、まいたけ料理も沢山ありますね。 このメジャーなキノコは、ほとんどが栽培されているものですが、天然のまいたけは、栽培物とは比べものにならないくらい ...

続きを見る

-下処理方法
-,

Copyright© 山菜hack , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.