下処理方法

【画像で解説】分かりやすい!ワラビの下処理方法と保存方法

2020年5月12日

ワラビ下処理方法

ワラビは、昔から多くの人達に好まれてきた、とても人気がある山菜の一つです。

お浸しにしたり、煮物にしたりと、様々な調理方法で親しまれていますよね。

そんなポピュラーなワラビですが、生のままだと、発がん性物質などの身体には有害な成分を含んでいます。

そう聞くと、とても不安になりますが、大丈夫です!きちんと下処理をする事で、安心して食べる事が出来るようになります。

この記事では、画像を交えながら、ワラビの下処理方法を分かりやすく解説しています。

ワラビには、生活習慣病予防に役立つ栄養素が沢山含まれているので、ちゃんと下処理をすれば身体に良い食品なのよ。
ちゃんとあく抜きすると安心でリスね!

ワラビを重曹で下処理する方法

step
1
ワラビを洗います

ワラビを洗う

ワラビに付いている汚れをきれいに洗い、切り口の茶色くなった部分を切り落とします。

step
2
湯を沸かします

ワラビ湯を沸かす

大きめの鍋にたっぷりと、お湯を沸かします。

大きいお鍋は、山菜のシーズンに活躍するのは勿論、おでん等の沢山煮込むと美味しい料理等に重宝しています。

step
3
重曹を入れます

ワラビ重曹入れる小さじ1杯程度の重曹を入れます。

重曹は山菜のあく抜きだけではなく、お菓子作りやお掃除にも使えるのでキッチンに一つあると心強いです!

このとき、多すぎると苦みが出たり、ベタッとした仕上がりになってしまいますので、注意しましょう。

step
4
重曹をいれるブワッとなります

ワラビ重曹吹き上がる

沸騰した所に、重曹を入れると、「ブワッ」と吹き上がりますが、一瞬だけですので慌てなくて大丈夫。火傷に注意してくださいね。

step
5
ワラビを入れます

ワラビ熱湯に入れる

沸騰したら、洗ったワラビを入れます。

ワラビを入れると、一時沸騰が治まります。

step
6
落とし蓋をします

ワラビ落とし蓋

ワラビを入れたら、火をまだ消さないで、ワラビがお湯から顔を出さないように、落とし蓋をします。

落とし蓋が無い場合は、大き目のお皿で代用します。

step
7
小さな泡がプツプツ出てきたら火を止めます

ワラビ泡プツプツ

鍋の下から小さな気泡が出てきたら火を止めます。

これは、ワラビを入れると一気にお湯の温度が下がってしまうので、ある程度の熱湯に戻すためです。

しかし、沸騰はさせないでくださいね。ワラビがベタッと仕上がってしまいます。

step
8
蓋をして冷めるまで置いておきます

ワラビ蓋して放置

蓋をしてそのまま冷めるまで置いておきます。

ワラビの量にもよりますが、半日~一日くらい、置いておきます。

その間、蓋を開けないでくださいね

step
9
冷めたら水を捨てます

ワラビ冷めたら水を捨てる

下処理方法したワラビの水が茶褐色になっています。

この水の中にアクなどが出ていますので、この水を捨てます。

その後、水ですすいで、すぐに食べられますし、調理する場合もすぐに取りかかれます。

水を捨てた後、新しい水に入れ替え、毎日水を入れ替えながら冷蔵庫で保存すると、4~5日間は保存できますよ。
毎日水を取り替えるでリスね!

ワラビの下処理のポイント

ワラビは生のままでは、発がん性物質などの、有害な成分を含んでいるので、必ず下処理が必用です。

ワラビの有害物質は、重曹を含む熱湯で下処理することによって、その殆どを取り除く事ができます。

熱湯からワラビが顔を出さないように、落とし蓋をして、ワラビ全体がきちんと熱湯に浸かるようにします。

ココがポイント

ワラビに含まれている有害物質をきちんと取り除く為にも、きちんと下処理をしましょう!

ワラビの保存方法

ワラビを沢山手に入れたら、塩漬けにして保存しましょう。

~材料~

  • ワラビ …  入手した分
  •  塩  …  適宜

step
1
漬物様の樽に塩を敷く

ワラビの樽に塩を入れる

漬物の樽などに大きめのビニール袋を入れ、底にに塩を敷き詰めます。

step
2
ワラビを入れる

ワラビを入れる

ワラビを敷き詰めていきます。

step
3
塩をガッツリ入れる

ワラビに塩ガッツリ入れる

入れたワラビを覆うように、塩をガッツリ入れます。

step
4
step2、step3を繰り返す

ワラビ繰り返しつけ込む

ワラビを入れ、塩で覆うを繰り返し最後に袋を閉じ、ワラビと同じ重さの重しをしてつけ込みます。

翌日には水が上がってくるので、重しを半分くらいの軽めにします。

次にまた入手したワラビがあれば、この上にワラビを入れ塩で覆うを繰り返し、数ヶ月つけ込みます。

ワラビの塩漬けは、塩出しをしてから煮物などにして頂きます。
お正月の煮物にママが作ってくれるでリス!

ワラビの下処理まとめ

ワラビまとめ

ワラビは、とても古くから人々に親しまれている山菜で、春の風物詩とも言えますね。

しかし、ワラビには身体に有害な成分が含まれている事が分かってきました。

身体に有害な成分と聞くと、口にするのも躊躇してしまいすが、しっかりと下処理をすれば、その有害な成分は除去できます。

お浸しや煮物などで、春の味覚を堪能しましょう。

ワラビには、生活習慣病予防に効果が期待できる栄養素が沢山含まれているので旬の時期に楽しみましょう!
美味しくて、身体に良い成分が沢山あるって最高でリス!

ワラビの参考記事

ワラビ
ヌメリとほろ苦さが大人気の山菜「蕨:ワラビ」について徹底解説いたします

春を告げる山菜の中でもその独特な苦みとヌメリが大人気の蕨:ワラビは古くは万葉集にも登場するほど歴史が深く明治時代には人工的な栽培も行われていたそうです。 最近では町おこしの一環としてわらび園を営み地域 ...

続きを見る

-下処理方法
-

Copyright© 山菜hack , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.