調理方法

【葉っぱも食べよう!】ウワバミソウの調理方法

ウワバミソウ調理方法

ウワバミソウは春の訪れと共に、夏頃まで楽しむ事ができる山菜です。

お浸しや酢の物、煮物に炒め物、漬物や味噌汁の浮き実として…など、とても沢山の食べ方があります。

この記事では、そんなウワバミソウの、茎も葉っぱも美味しく食べられる調理方法を、画像とともに分かりやすく紹介しています。

ウワバミソウのヌメリの栄養成分は疲労回復に効果が期待できるのよ。
美味しい上に、疲れが取れるのは嬉しいリスね!

ウワバミソウのきんぴら

ウワバミソウのキンピラ

甘辛く炒めたきんぴらです。

~材料~

  • 下処理をしたウワバミソウ  …  一束(一掴み分くらい)
  • にんじん          …  Mサイズ1/2
  • タケノコ          …  下の方の少し硬い部分を適宜
  • ごま油           …  適宜
  • みりん           …  大さじ2
  • 酒             …  大さじ2
  • 砂糖            …  大さじ2
  • 醤油            …  大さじ3
  • 一味唐辛子         …  お好みで

一味唐辛子はお好みで最後に掛けます。

辛いのが苦手な方やお子様にはゴマをひとつまみ程度かけるのも、風味が増して美味しいですよ。

step
1
フライパンにごま油をいれる

ウワバミソウごま油

熱したフライパンにごま油を入れます。

step
2
にんじんを入れる

ウワバミソウにんじんを入れる

ごま油が馴染んだら、にんじんを炒めます。

step
3
タケノコとウワバミソウを入れます

タケノコ、ウワバミソウを入れる

更に、下処理したタケノコとウワバミソウを入れ炒めます。

step
4
調味料を順番に入れます

調味りょを入れ炒める

調味料を順番に入れて、更に炒めます。

step
5
味が染みたら出来上がりです

ウワバミソウきんぴら完成

味がシッカリ染みたら出来上がりです。

お好みで、一味唐辛子やゴマ等をふりかけると、一層美味しく頂けます。

甘辛く炒めたきんぴらは、ご飯にもお酒のお供にも合う逸品ですよね。
このきんぴらは、ご飯を沢山おかわりしてしまうでリス!

ウワバミソウの塩昆布漬け

ウワバミソウの塩昆布漬け

塩昆布を使用した、とっても簡単な漬物です。

~材料~

  • 下処理したウワバミソウ  …  一掴み分位
  • 塩昆布(28g)        …  一袋
塩こん部長シリーズは手軽に使えるので重宝しています。

step
1
ウワバミソウを切ります

ウワバミソウを切る

ウワバミソウを食べやすい大きさに切って、ジッパー付きの保存袋に入れます。

step
2
塩昆布を入れる

塩昆布を入れる

ウワバミソウの上に塩昆布を一袋いれます。(味はお好みの量で構いませんが、塩昆布が少なすぎると日持ちしません。)

step
3
混ぜ合わせる。

混ぜ合わせる

ジッパーを閉じてシャカシャカと、ウワバミソウと塩昆布をまんべんなく混ぜ合わせます。

step
4
冷蔵庫で寝かせる

冷蔵庫で寝かせる

袋の中の空気をできるだけ抜いて、冷蔵庫で30分~一日寝かせます。

漬け時間が長いほど、塩昆布の味がウワバミソウに入り込んで美味しく仕上がります。

細かく刻んでご飯に混ぜ込んで、おにぎりにしても美味しいわよ~!
お茶漬けにも、とってもあうでリス!

ウワバミソウの味噌漬け

ウワバミソウ味噌漬け

とっても簡単で美味しい漬物ですよ。

~材料~

  • 下処理したウワバミソウ  …  一掴み分くらい
  • 味噌           …  カレースプーンに5杯程度
  • みりん          …  カレースプーンに5杯程度

味噌と醤油は1:1の割合です。

お味噌はご家庭で使い慣れているものをお使い下さい。

step
1
味噌とみりんを混ぜ合わせる

味噌とみりんを混ぜ合わせる

ジッパー付きの保存袋に味噌とみりんを入れ、揉みながら混ぜ合わせます。

step
2
ウワバミソウを入れる

ウワバミソウを入れる

ウワバミソウを味噌の中に入れ、まんべんなく混ぜ合わせます。

step
3
冷蔵庫で休める

冷蔵庫で休める

袋の中の空気をできるだけ抜いて、冷蔵庫で一日以上寝かせます。

食べる時に味噌を洗い流して、食べやすい大きさに切って下さい。

味噌をみりんで割っているので、優しい味に仕上がりますよ。
ほんのりお味噌の香りがするでりす!

ウワバミソウのかき揚げ

ウワバミソウのかき揚げ

サクサク・モチモチとした食感のかき揚げです。

~材料~

  • 下処理したウワバミソウ  …  一掴み分
  • ニンジン         …  1/2本
  • 小麦粉          …  約50g
  • 片栗粉          …  約小さじ1
  • 卵            …  1個
  • 冷水           …  約100ml

step
1
材料を天ぷら粉の中に入れる

食べやすい大きさに切った材料を、天ぷら粉の中に入れます。

step
2
スプーンですくって揚げてます

スプーンですくって揚げる

天ぷら粉は極力少なく、スプーンに1杯程の量で揚げます。

step
3
キツネ色に揚がったら完成

ウワバミソウ天ぷら完成

サクサクなかき揚げの中に、ウワバミソウがモチっとなるのでとっても美味しいわよ。
サクサク・モチモチで美味しいでりす!

ウワバミソウの葉っぱの天ぷら

ウワバミソウの葉っぱ天ぷら

サクサクとした、ウワバミソウの葉っぱの天ぷらです。

~材料~

  • ウワバミソウの葉っぱ  …  4~5枚
  • 小麦粉         …  約50g
  • 片栗粉         …  約小さじ1
  • 卵           …  1個
  • 冷水          …  約100ml

酸化に強くカラッと揚がるので、我が家では米油を揚げ油に使っています

step
1
葉っぱを天ぷら粉の中に入れます

葉っぱを入れる

きれいに洗って、水分を良く拭いたウワバミソウの葉っぱを天ぷら粉の中に入れます。

天ぷら粉は片面のみ付けます

step
2
油で揚げます

葉っぱを揚げる

180℃の油で揚げていきます。

step
3
サクッと揚がったら完成

衣がサクッと上がったら完成です。

サッと塩をまぶすと美味しいわよ。
サクサクと何枚でも食べられるでリス!

ウワバミソウの葉っぱとエノキダケのお浸し

葉っぱのお浸し

サッと湯がいて簡単おひたし!

~材料~

  • ウワバミソウの葉っぱ  …  一掴み分
  • エノキダケ       …  一袋
  • めんつゆ        …  お好みの量
  • 一味唐辛子       …  お好みで
  • 鰹節          …  お好みで

step
1
エノキダケを茹でる

エノキダケを茹でる

食べやすい大きさに切ったエノキダケを茹でます。

step
2
ウワバミソウの葉っぱを茹でる

ウワバミソウの葉っぱを茹でる

ウワバミソウの葉っぱを食べやすい大きさに切り、しんなりしたエノキダケの中に入れます。

ウワバミソウの葉っぱは少し硬いので、しんなりとなるまでシッカリと茹でます。

step
3
葉っぱに火が通ったらお好みのめんつゆをかけます。

めんつゆを和える

めんつゆを和えます。出汁しょうゆでも美味しく頂けます。

step
4
お好みの味になったら完成

ウワバミソウの葉っぱのお浸し

お好みで一味唐辛子やかつお節、ゴマなどをかけると、より一層味わい豊かになりますよ。

ウワバミソウの葉っぱは、クセが無いのでどんな料理にも合うのよ。
ポン酢醤油で食べても美味しいでリスよ!

ウワバミソウの調理方法のまとめ

ウワバミソウの調理方法まとめ

ウワバミソウは、生息している場所がいかにも蛇が出そうな所という説から漢字では「蟒蛇草」と書くそうです。

地域によってウワバミソウの呼び名がいくつか有り、アカミズ、カタハなどと呼ばれています。

ウワバミソウは、春から夏までと長期間楽しむ事ができ、クセがなく様々な調理方法があります。

茎を主に食べるウワバミソウですが、葉っぱもクセがなく、色々な料理に合います。

ウワバミソウの葉っぱは、茹でると濃い緑がアクセントとなり、和え物や味噌汁などの彩りにも使えてとても便利です。

ウワバミソウは、葉付きで売られている事が少ないので、貴重な存在とも言えるわね。
たしかに、僕の行くスーパーには茎の束でしか見た事ないでリス。

ウワバミソウ参考記事

ウワバミソウ
ウワバミソウ
どんな料理にも合う「ウワバミソウ」について徹底解説いたします

山菜独特な苦みやクセが少なく、どんな調理にも合う『ウワバミソウ』は人気が高い山菜の一つです。 漢字で表記すると【蟒蛇草】となり、ウワバミ(大蛇)が住んでいそうな場所に生える事から名付けられたのだそうで ...

続きを見る

ウワバミソウ
ウワバミソウ下処理
【簡単】誰にでも出来ちゃうウワバミソウの下処理方法と保存方法

ウワバミソウは、各地で「ミズ」「カタハ」などと呼び名が沢山ある山菜です。 他の山菜と比べ、クセやアクが少ないので食べやすく、調理もしやすいのでとても人気がある山菜でもあります。 この記事では、そんなウ ...

続きを見る

-調理方法
-, ,

Copyright© 山菜hack , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.